認知症は予防できる|レシチンを簡単に摂取

カップル
このエントリーをはてなブックマークに追加

不調を生薬の力で

生薬

更年期とは女性の性成熟期から老年期への移行期を指します。それまでは定期的であった月経が不規則になる頃から始まります。それ以降、月経が止まるまでの数年間のことです。生理的な卵巣機能が衰退する期間で個人差はありますが通常であれば50才から55才までといわれています。この期間にはホルモンバランスの乱れから心身の両面で不調が起こります。それを更年期障害と呼びます。身体がほてり、動悸やめまいや頭痛が起こり、イライラするとされています。そんな更年期を乗り切るために漢方の力を借りるというのはひとつの方法です。自然の生薬を使い、身体の悩みを緩和します。では、周囲に漢方医がいない場合はどういった選択肢があるでしょうか。最近ではネットでも様々な種類が販売されています。

漢方は体質によって飲む生薬の種類や配合が違います。まず自分の身体のタイプを知りましょう。「虚証」や「実証」や「中間証」があります。これらはネットで簡単に調べることが出来ます。体質のタイプを知ってから選びましょう。更年期のトラブルを解消する漢方には当帰、芍薬や甘草、高麗人参や田七人参などが入っています。これらの配合が決め手となります。ランキングサイトなどで自分の体質にあった漢方の口コミを調べましょう。実際に飲んだ人々の意見や使用感を知ることが出来るので便利です。ホルモンバランスから来る乱れを整え、貧血や冷え性にも効果が期待出来るものが多いです。自分のタイプに合ったものを選び、更年期の不調を乗り越え、健康を取り戻しましょう。