認知症は予防できる|レシチンを簡単に摂取

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

生姜の力で吹き飛ばす

スーツのレディ

冷え性改善のためにサプリを利用するなら、生姜成分が配合されている製品が効果的です。生姜に含まれるジンゲロールという成分が血流を改善させ、手足の冷えを改善させてくれます。中でも、有効成分がふんだんに含まれている金時生姜のサプリは効果が高く、様々なメーカーから発売されています。

もっと読む

不調を生薬の力で

生薬

更年期は女性の性成熟期から老年期への移行期です。その間にホルモンバランスの乱れから様々な不調があらわれます。それを更年期障害といいます。更年期障害を漢方薬で治す方法があります。ネットで購入する場合は自分の体質を見極めてから購入しましょう。

もっと読む

脳細胞の活性化のために

老人男性

細胞膜を作るレシチン

認知症を発症すると、本人だけでなく、多くの場合は家族など周囲の人も苦しむことになります。そして認知症を発症する人が増えてきていることから、昨今では多くの人が、予防に力を入れるようになっています。具体的には認知症は、レシチンのサプリメントを飲むことで予防しやすくなります。レシチンは脳細胞を覆っている細胞膜の材料となっている成分で、これを摂取すると、細胞膜の柔軟性がアップします。脳細胞は、硬い状態だと栄養分をうまく吸収できないのですが、柔らかくなれば、十分な栄養補給によって活性化します。認知症は、脳細胞の衰えが原因となっているので、脳細胞を活性化させれば、予防が可能になるのです。また、脳への情報伝達もスムーズになるので、記憶力や判断力、状況認識能力などがアップしやすくなります。

DHAと葉酸も摂取

また、レシチンだけでなくDHAも摂取すると、認知症を一層予防しやすくなります。なぜなら脳の約3分の2が脂質となっているのですが、その脂質の4分の1がDHAだからです。そのためレシチンとDHAとを一緒に摂取すると、レシチンによって柔らかくなった脳細胞に、DHAが補充されやすくなります。これにより、脳細胞がしっかりと働くようになるわけです。さらに昨今では、葉酸不足によって認知症になる人も増えてきています。葉酸は赤血球の生成をサポートする成分なので、不足すると赤血球による栄養補給がおこなわれにくくなり、脳細胞が衰えていくのです。したがって認知症の予防には、レシチンとDHAに加えて、葉酸も摂取することが大事と言えます。

スーパーフードの王様

散歩する男性

近頃よく話題にあがるスーパーフードの中でも王様と呼ばれることもあるスピルリナとは、太古の昔から地球上に存在し続けている藍藻植物の一種です。豊富な栄養素によるさまざまな健康効果が期待できることから大注目されています。

もっと読む